【植毛か?ミノタブか?】結局ハゲは自毛植毛するべきなのか?

【植毛か?ミノタブか?】結局ハゲは自毛植毛するべきなのか?
ハゲータ
自毛植毛をし、その後AGA進行により離れ小島になり、ミノタブとフィンペシアを服用してハゲを改善した私ハゲータが、「ハゲは自毛植毛するべきなのか?」どのタイミングでの自毛植毛が最適かを考察していきます。


まず私のハゲ歴史を振り返ってみると、

・2001年/23歳
抜け毛が気になりだし、某有名クリニックで発毛コースを1年間契約。
某有名クリニックの発毛コースにまんまと…

・2014年12月/37歳
韓国にて2600グラフトを自毛植毛。
ハゲ改善の第一歩!遂に自毛植毛をする

・2015年7月/38歳
術後8ケ月前後。
植毛した毛はほぼ生えそろう。
発毛は完了!自毛植毛術後/7ヶ月経過から離れ小島に向かって

・2017年10月/40歳
ミノタブとフィンペシアを服用し改善を試みる。
画像はミノタブの副作用である初期脱毛の時。
【副作用発生】ミノタブ/フィンペシアを服用し20日目経過

・2018年~現在/41歳
ハゲから生還し、現在に至る。
現在次の改善策を模索中。

若ハゲ時代が長く、今思えばいろいろと自分に合った改善策がありましたね。

私の場合、23歳の時に某有名クリニックで挫折してますので、

クリニック系での治療はその後一切信用していませんでした。

今はネット社会になり情報の共有もあたりまえの時代ですので、

ハゲータみたいな失敗も遠回りもせず自分に合った改善策を見つけられるのは羨ましい嬉しいですね。

Advertisement

ハゲータが自毛植毛をしたタイミング

私自身が韓国で自毛植毛した時の頭はこんな状態でした。

植毛前の頭

はい、禿げあがってますね。

ここまでハゲてしまってから自毛植毛しました。

この時は自分ではベストタイミング、最後の手段として自毛植毛をしました。

術後は良好で7ヶ月から1年を経て発毛し、ハゲを改善できました。
下記動画はその時の頭です。

自毛植毛した毛は通常ハゲません。ハゲにくい後頭部の毛を移植してるので。

しかしこの後、自毛植毛した毛以外の既存毛がハゲだしてしまい離れ小島になってしまいます。

離れ小島化ハゲ

生まれつきオデコが広い、生え際のデザインを変えたい、事故等による10円ハゲなどの理由で自毛植毛をする方の場合などはこういうハゲの心配はありませんが、

AGAによるハゲータみたいなハゲタイプは遅かれ早かれ間違いなくこうなります。

でも大丈夫です。回避方法はちゃんとあります。

AGA治療薬を服用して離れ小島を回避

AGAの治療薬を自毛植毛後に併用して服用すれば離れ小島にはなりません。

私自身、観光で自毛植毛を行った時に先生からプロペシアを勧められましたし、

東京へカウンセリングした時の担当者さん(自毛植毛経験者、しかも2回)もプロペシアを服用していて術後数年経っても維持していました。

私の場合、自毛植毛後子作りの予定があったので、残念ながらミノタブやプロペシアなどの内服薬を服用するタイミングが遅れ、AGAが進行してしまいまたハゲ戻る」という、せっかくの自毛植毛を無駄にするという結果に。

そこからAGA治療薬を服用してここまで改善できましたが、

前頭部から頭頂部にかけて発毛し、既存毛、植毛毛は太く強いコシのある髪に成長してます。植毛した毛(もともと後頭部の毛)も改善するとは思ってもいませんでした。ということは、少なからず植毛した毛もAGAによる薄毛進行の影響を受けていたと思われます。

やはり自分の条件が合えば自毛植毛したと同時にAGA治療薬を併用し、時間の無駄を無くしたかったのが正直なところ。

ハゲータ
薄毛治療、改善をこれから目指す方は自分の人生のスケジュールを調整してから行動するとハゲータみたいな無駄は無くすことができると思います。

まとめ:自毛植毛は必ずしも必要か?

自毛植毛が必須の薄毛レベル

生え際から禿げるM字タイプ

植毛前のハゲ頭

生え際から禿げ上がってくるタイプ、生え際がすでにこんな状態になってしまったら自毛植毛は必須です。改善の目標が人それぞれ様々だと思いますが、ハゲータくらい復活したいのであれば自毛植毛で生え際のデザインを作った方が劇的な改善を得られます。

現実的にお金との相談もあるので、やはり早めの行動を推奨します。

私の場合このお金の問題も薄毛治療に対して後手後手になってしまったので。

自毛植毛が必須じゃない場合の薄毛レベル

生え際にまだ髪の毛が生きている状態

生え際をチェックする男性

生え際に髪の毛がまだありラインを保っているのであれば、自毛植毛はせずにAGA治療薬を服用して改善した方がいいでしょう。
既存毛も強く太く改善されるので自然に回復していきます。
ハゲータもその状態でミノタブなどを服用したかった(笑)

頭頂部から禿げてくるタイプ

頭頂部からハゲ

AGA治療薬、私は発毛薬にミノタブを服用していますが、頭頂部付近がかなり改善されました。生え際より頭頂部付近の方が効果が感じられます。あまりにも重度なハゲではない限りAGA治療薬で改善する確率は高いです。

自分だけが気にしすぎて実は周りから薄毛だと思われていない

薄毛を気になりだした若者

まあこれは自分では分からないんですけどね(笑)
初期のハゲ始めって、
気にして髪を触って手に抜け毛がついたらそれが何かの間違いかのようにまた髪の毛触って、抜け毛が手につかなかったら安心して、また触ってとメンタルが弱くなりがちです。
ハゲ始めの自分に戻るならプロペシアやフィンペシアといった抜け毛を防ぐAGA治療薬を服用し維持します。必要とあらば発毛効果のあるミノタブなど服用すると思いますが、ハゲはじめで対策をしてしまえばその必要はほぼないでしょう。もちろん自毛植毛の必要はこの段階での薄毛では必要ありませんね。羨ましい。
個人輸入での購入、自己治療は自己責任となりますのでお金に都合がつくのであれば安心を買うつもりで若ければ若い方ほど実績のあるクリニックでの治療をおススメします。

お金がない

お金の計算をしてる妻

自毛植毛はお金がかかります。
私の場合、国内で350万と言われ、それ無理!となり、韓国で120万です。
2600グラフトで。

お金がある人、すぐに大金が貯まる人、ローン地獄OKな人であれば問題ないのですが、そうじゃない(ハゲータみたいな)方は悩みどころです。
実際、お金を工面してる間にも薄毛の進行は止まってくれません。

食生活の改善とか育毛マッサージなどいろいろお金のかからない事もしてきましたが、やはりそういった方法は思っている効果が何一つありません(なかった)ので自己満足で終わります。


この場合はもう諦めるか、自己責任でコストを抑えられる自己治療を始めるしかないです。自己治療を始めながらも自毛植毛に向けてお金を貯めるこれがベストではないでしょうか。もしかして自毛植毛しなくてもいいくらいに改善するかもしれませんし、必要株数も抑えられ結果的にコストカットになります。

ハゲータ
以上、「結局ハゲは自毛植毛するべきなのか?」を考察してきました。
自毛植毛するにあたって自分へのいろんな制約や金銭面の問題がありますので、なかなかお手軽治療ではないですよね。
なのでその問いに答えが決まってないのはご了承ください。
ただ一つ答えがハッキリしてるのは、なにもしないでネットで情報ばかり集めているだけではそのまま禿げて逝くということだけです。
当時の自分がそうでした(笑)


合わせて読んでほしい考察記事



 

ハゲータの現在のAGA治療内容はミノタブ5mg、フィナロイド1mgを就寝前に。
食事からも含め亜鉛は一日10mg~15mgを摂取することを意識する。
洗髪はミノキシジルの類似成分、
ピディオキシジルが配合されてるBAKUシャンプープレミアムを使用。

暴飲暴食、カロリーオーバーに気をつけ適度に好きな物を。