【またハゲた】今度はミノタブとフィンペシアでハゲからの生還を目指す。

【またハゲた】今度はミノタブとフィンペシアでハゲからの生還を目指す。
ハゲータ
自毛植毛してから2年9ヶ月後、離れ小島になってしまった頭を改善すべく、今度は自己責任で内服薬を使用しハゲからの生還を目指します!

第1期ハゲから生還した全記事はこちらから=自毛植毛をして1年の経過記事

まずは植毛前と植毛1年後、その後にハゲた頭の比較を。

植毛直前のハゲ頭

・2014年/11月末
植毛前直前の頭全体の画像です。
前頭部が酷いことになってますので植毛は生え際から前頭部中心に2600株植えました。

・2016年/1月
植毛後1年2ヶ月の頭頂部付近の画像です。スカってますがこの毛量でも十分満足していました。

離れ小島のハゲ頭

・2017年/9月
植毛後2年10ヶ月の頭頂部の画像です。AGAが進行し見事な離れ小島です。

ミノキシジルタブレットとフィンペシアの服用を決意

自毛植毛をし、わずかな期間でありますが髪がある生活を過ごせました。

自毛植毛をして本当に良かったと思っています。

が、

自毛植毛はAGAによるハゲを治したわけじゃありません。

上記画像を見ての通り、なんともみっともない頭に…。

このままではモテないまだ小さい子供に

パパはハゲてる

と認知されるのは時間の問題。

また帽子を髪型として日々お出かけするのもキツイ。

早急に改善が必要なわけで、それにはミノタブとフィンペシアを服用するのが最善な方法と判断しました。

こちらでも書いてますが、

なんせお金がない

自分の小遣いの範囲でこの頭を改善させなければいけません。

いろいろ検討した結果、この時点の私のハゲ形態には、

・ミノキシジルタブレット
薄毛治療の最後の砦、発毛効果が高く髪質の改善にも効果がある。
多毛症、頭痛、むくみ、吐き気など副作用のリスクがある場合もある。

・フィンペシア
プロペシアの安価版だが成分量に大きな変わりはなし。
AGAを引き起こす原因のジヒドロテストステロンの生成を妨害する効果がある。(薄毛の進行を抑える)
性欲の減退、精子の減少などのリスクがある場合がある。

この2つを併用し、自己責任で薄毛治療を開始します。
ミノタブは5mg、フィンペシアは1mg、1日1錠ずつ服用していきます。

気になるミノタブとフィンペシアの副作用と注意すること

ハゲータ
調べれば調べるほどにやっぱり怖い副作用…。でもこのまま禿げきっちゃうのはそれ以上に怖い

ミノタブの主な副作用
・体全体への多毛症
・血圧低下
・頭痛、目まい
・初期脱毛
・むくみ

フィンペシアの主な副作用
・性欲がなくなる
・精液の減少
・勃起不全
・食欲不振

韓国での自毛植毛時のカウンセリングで先生からプロペシアを勧められ時に、この副作用が気がかりで服用しませんでした。


確率が低い副作用なのは分かってますが、

当時まだ子作りをする予定だった私は内服薬系のハゲ改善策は避けたのです。


・ミノタブの飲み方と注意点
1日2.5mg~10mgの服用まで。
(最初は必ず少ない用量から)
効果を維持するには継続服用必須。
アルコールとの併用はNG。
女性、未成年は服用禁止。
低血圧の人は服用禁止。
肝機能に異常がある人は服用禁止。

・フィンペシアの飲み方と注意点
1日1回上限1mgを服用。
効果を維持するには継続服用必須。
アルコールとの併用はNG。
女性、未成年は服用禁止。
グレープフルーツ禁止。
服用中の献血は禁止。

ハゲータ
ミノタブとフィンペシアは発毛、育毛に強力な内服薬のため、それぞれにリスクがありますね。

副作用の恐れと注意するべき点を踏まえたうえで治療を開始

まず内服薬を服用するにあたって、病院で診断を受け処方してもらおうと思ってました。
ただ幸か不幸かハゲータの住む地方にはそういった診断をし、治療をしてくれるスペシャリストのお医者さんは滞在していません。
聞くのは見習い程度の噂しかない実績のない病院があるだけです。
近くの県に行き診断してもらおうとも思いましたが、正直おっくうだし今後も現実的に考えると通えません。
そもそも今回のハゲ治療のテーマは

お金を極力かけずにハゲから生還する

なので、個人輸入による自己責任での治療を選択しました。
以下、副作用などを事前に自分に当てはめてみた自己診断です。

リスク1・体毛が増えたらどうするか?(多毛症)

もともと多毛症といっていいほど普通の方からしてみればハゲータの全身は毛が多いです。
趣味で水泳をしてるので毛処理もしていますし、特に困りません。

リスク2・血圧低下の恐れ

これはミノタブ服用時のリスクですが、ハゲータ自身低血圧でもなく、どちらかというとむしろ血圧が若干高めの日もあるので問題なし。

リスク3・初期脱毛の恐怖

これは髪が正しく生え変わる準備ですので、個人的にはリスクだと思っていない。自毛植毛で経験済みです。自毛植毛の全記事はこちらからご覧になれます

リスク4・頭痛・めまい・むくみなど

もし長期間にわたりそういう症状がでたら服用を止める。

リスク5・性機能低下

男性ならここが一番心配ではないですか?ハゲータもです笑
これもまた、そういう症状や不具合がでたら服用をやめる。

リスク6・アルコールとの併用はNG

月に1回か2回付き合い程度に飲むだけ。飲まなければ飲まなくてもいいし、飲んだ場合は服用しない。
ちなみに喫煙はしていません。卒煙しました。

ハゲータ
このように自己診断してみて、何か一つでも気になったり不安な要素があれば、面倒くさくてもまずは病院での診断をした方がいいと思います。

特に血圧の高い方、肝機能に問題がある方は実績のある病院での診断をおススメします。

Advertisement

はじめてのミノタブ&フィンペシアを購入

ミノタブ&フィンペシアを初購入
ミノタブ&フィンペシアを初購入

いつも楽天とかAmazonで買い物ばかりしていると、

個人輸入でミノタブとフィンペシアを購入しないといけないのは難易度が高いんじゃ?と思ってましたが、

利用者も多く、諸先輩方もこちらで購入し改善されている

安心信頼の個人輸入代行がモットーの、オオサカ堂さんで購入しました。

自分の住んでいる地域だと9日~10日で到着します。

個人輸入で購入する場合、粗悪品や、偽物といった報告もあるようですが、

実績のある代行サイトですのでそのリスクは限りなく0に近いです。

ハゲータ
以上、ミノタブとフィンペシアの使用開始時の記事でした。服用0日目、改善前はどれくらいスカっていたかという動画もご覧ください。



服用一年後でどれくらい改善したのか気になる方はこちらから

2年使用後フィンペシアの効果が薄れフィナロイドに変更した記事はこちらから

          ◆ ハゲータのハゲの歴史
2002年頃/22歳抜け毛が多くなり不安に、某有名クリニックでの発毛コースを経験するも一切一ミリも生えることはなく大金が消える【関連記事はこちら
2003年~2014年結婚し子供も生まれ私生活は安定期になるも髪生活は常に不安定期状態。国内で自毛植毛を試みるも挫折する【関連記事はこちら
2014年11月/34歳韓国で念願の自毛植毛をし、7ヶ月~8ケ月かけて移植毛が見事に定着発毛。一時期ハゲから抜け出すことに成功【関連記事はこちら
2015年~2017年自毛植毛した毛以外の毛がAGAによりゆっくりと本人にも気づかれないように進行しだす【関連記事はこちら
2017年9月/38歳遂に自毛植毛した箇所以外がハゲてしまいAGA治療薬の使用を開始【関連記事はこちら
2019年8月/40歳使用していたAGA治療薬が効かなくなり抜け毛がまた増えだしAGAが進行しだしたのを機に薬を変更中(今ここ)【関連記事はこちら

ハゲータの現在のAGA治療内容はミノタブ5mg、フィナロイド1mgを就寝前に。
食事からも含め亜鉛は一日10mg~15mgを摂取することを意識する。
洗髪はミノキシジルの類似成分、
ピディオキシジルが配合されてるBAKUシャンプープレミアムを使用。

暴飲暴食、カロリーオーバーに気をつけ適度に好きな物を。