【もう生えないのか?】ミノタブとフィンペシアを使用し1年以上経過でここまで生えた!

【もう生えないのか?】ミノタブとフィンペシアを使用し1年以上経過でここまで生えた!
ハゲータ
ミノタブとフィンペシアを服用してから1年以上経過の結果をまとめました。前記事の「【過去最強の改善】ミノタブとフィンペシアを服用して半年経過の成果を見よ!」も合わせてご覧いただくと改善の成長が分かりやすいと思います。


ミノタブとフィンペシアを服用し、1年でどれくらい改善したか画像で確認してみたいと思います。

服用開始して1年経過比較

頭頂部から前頭部にかけての比較です。
かなり改善できました。クシの髪通りがまったく違います。
左画像、地肌が露わになるほどのスカスカの時はクシが頭皮にあたりがちでクシの力を発揮させてあげることはできないのですが、1年後にはその感覚が大分変りました。
あと、汗が頭皮から顔面に滴り落ちるスピードがかなり遅くなりましたよ(笑)

ミノタブ服用から1年後の改善比較画像


左生え際の比較です。
残念ながら生え際の産毛が本毛になることは1年経過では認められませんでした。


しかし生え際付近から前頭部のほっそい既存毛、自毛植毛した髪が強く太くなることにより、
ボリュームという遠い昔に失ったものが出現し、ヘアスタイルに幅が広がるようになりました。嬉しい!

ミノタブ服用から1年後の改善比較画像生え際


右生え際の比較です。
こちら側もしっかり改善しました。
髪の太さが改善することで、今までの髪の毛1本が3本分の価値がありますね。
いや、ハゲータの場合5本分くらいかもしれません(笑)
それくらい既存毛は細い毛でしたから。
生え際がしっかりしだすと前方からの風も敵じゃなくなってきます。
自転車も怖くない!

ミノタブ服用から1年後の改善比較画像右生え際


ミノタブ服用から1年後の改善比較画像密度具合


ハゲータ
1年ちょっと前経過の動画です。動画の場合画像では伝わりにくい箇所も確認できますのでチェックしてみてください。

Advertisement

このままミノタブを服用して、これ以上の改善が見込めるのか?

ミノタブとフィンペシアを服用し続けること、1年以上が経過しました。
その間、一般的な健康診断、内科検診、血液検査等を行いましたがなにも問題はありません。
これだけの期間服用していると体がミノタブに対して耐性がつき、劇的な改善はもうありませんし発毛も確認できませんので、維持だけならフィンペシアで十分なのでは?
と考え始めたのですが、ネットなどで見かける事例として、

・ミノタブを飲むのを中止したらまた抜け毛が多くなってきた
・ミノタブ止めたらいつのまにか髪にボリュームがなくなってた
・ミノタブ飲むのを止めてまたハゲだしたからまた飲み始めた

というような事例があるのが事実。逆に、

・生えたから薬飲むのやめたけどその後も全然禿げないよ

って言う事例は一つもないのが即服用中止に移行しない理由でもあります。

ミノタブを5mgから10mgに増やすという手段も考えましたが、10mgはやはり過剰摂取の域になりますし(個人的には)、継続服用に難ありだと思うので新たな改善治療としては考えにくい。
なので体に異常もありませんし、しばらく様子見というか、これ以上の改善があるのかないのかを見極めるためにもしばらくこの改善治療を進めていきます。

※体に異常、不調があった場合は服用は中止しましょう。私も止めます。


 

ハゲータ
以上、「【もう生えないのか?】ミノタブとフィンペシアを服用し1年以上経過でここまで生えた!」でした。

ハゲてる時は副作用の心配をしながら服用し、ハゲが改善しだしたらこのまま服用して大丈夫なの?と考える…なんかおかしいような気もしますが、人間ですから、自分にいいように考えがち(笑)



薄毛改善記事はこちら

Advertisement