【薄毛の始まり】ん?なんか薄く…あれ?って感じた20代前半

【薄毛の始まり】ん?なんか薄く…あれ?って感じた20代前半

ハゲータ
薄毛になりだす前と、薄毛になり始めのと事をまとめた記事になります。

ハゲのハの字もない頃

ハゲータは昔から細下の癖毛で眉間から富士額まで7cmのデコ広め、でした。

父、母ともに禿げてません。

しかし母の父親、父の父親、ハゲータのおじいちゃんは共にバーコード頭でした。

今思えば王道の隔世遺伝です。

自分で言うのもなんですが、学生時代はそれなりにモテました。

髪型もいろいろイジッて楽しんでましたね。

初めて脱色したのが中学生の頃で、オキシドールを洗面器に溜めて髪全体に塗り

お湯で洗ってドライヤーで乾かすという荒技を行っていました。

それやると赤くなるんですよね髪が。

当時、スラムダンク流行ってたんで桜木花道を意識して仲間内ほとんど赤毛でした。

(その後はお決まりの坊屋春道に移行)

マンダムスプレーたっぷり使ってリーゼントなんかもやってましたし、

高校時代の頃はキムタクの流れからロン毛が流行りだしたので、

部活引退した後は必死に伸ばしそこそこ長髪で成人式に出席しました。

懐かしいなぁ。

そしてその頃は禿げるなんて1ミリも思ってなかった…

な、な~んか地肌が見え始めたような20代前半

髪が人並みにある頃はモテましたが、

そんなに遊ばず妻とは9年の交際を得て結婚しました。

禿げる前から交際しててよかったです。

妻曰く、植毛前のこの状態

だったら結婚はおろか付き合ってもないそうです。

真顔で言うので本当だと思います。

ブクブク太った妻に言われてもなにも悔しくありませんがね(真顔でこれ書いてます)

自分の髪、地肌の異変に気付いたのは正確には22歳くらいの頃だと思います。

抜け毛が多くなった(それに気づいた)
髪が立たなくなった(コシがお衰えてきた)
ベジータデコになってきた(テカリが目立つようになってきた)
地肌が赤っぽい(光によって透けて見える)
などなど

ちょっと心配になってるけどそれでもまだ他人事のような感じで過ごしてました。

若ハゲの友人も知人もいませんでしたし、ネット時代ではないので悪い情報もなかったので。

(ちなみに現在41歳ですよ(^^;

はじめての自己治療

若かったせいか、この頃は結構な脂性でしたね。

少ない情報の中、毛穴に溜まった汚れは禿げる原因みたいな風潮だったので、

朝シャンを必ずして、育毛スプレーをし頭皮マッサージ軽くしてから仕事に行くのが日課でした。(夜も同様)

ハゲしいな桜井君状態だったなぁ笑

これくらいしか薄毛対策はしていなかったです。

とにかく情報がなかった時代でSNSもない時代、禿げたらヅラか剃るかの二択のみ。

で、頼ったのが当時は勢いのあった某有名会社Aの発毛コースでした。

次の記事へ